Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/allinkan.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

印鑑証明の達人

元市役所職員が教える印鑑証明と印鑑のお役立ち情報サイト

ひと目で分かる!実印の値段と相場の法則

2017/05/05

「実印を新しく作ろうと思っているけど値段ってどれぐらいするものなの?」
「実印の相場について知りたい」
「実印の素材はどんなものがあってどれくらいの値段なの?」

そんな方のために実印の価格についてまとめました。

実印の値段はどう決まるのか

実印の値段はどのようにして決まるのでしょうか?
簡単に言ってしまうと、

実印のサイズ × 実印の材質

で決まります。

一般的な実印のサイズ説明
個人の印鑑の直径のサイズは、10.5mm、12.0mm、13.5mm、15.0mm、16.5mm、18.0mmと1.5mm刻みで大きくなります。
同じ印鑑でも、10.5mmと18.0mmでは大きさにかなり違いがあります。
通常、印鑑の直径サイズが大きくなるほど値段は上がります。
→ 実印のサイズ徹底解説【実物テンプレート付】

また、実印が作られる素材によっても値段が変わります。
安価な素材の実印は安く、希少・高級な素材の実印は高くなります。

実印の彫刻方法でも値段は変わる

細かい部分では、印鑑の彫刻方法によっても値段は変わります。
彫刻方法は大きく分けると、はんこを機械で彫ったあとに人の手で仕上げる方法と、全て職人が手彫りで作成する方法があります。
職人の手彫りは手間と時間がかかるので価格は高くなります。

今は、路面に店を構えているはんこ屋さんやネット通販店でも、ほとんどの店が早く安価に印鑑を提供できる械彫り+手仕上げを採用しています。

実印の素材による値段の違い

実印の素材 価格一覧表※2017年3月時点の価格

実印の素材にはどのようなものがあり、相場ではどれくらいするのかをネット通販店を中心にまとめました。
価格は13.5mmサイズの実印を基準にしています。

素材別の価格帯を「激安・お手頃・標準・高め・高級・最高級」の6つに分けました。
それぞれの価格帯の特徴について説明していきます。

激安価格の実印の特徴

激安実印の説明
激安実印のほとんどは「アカネ」と呼ばれる印材で作られています。

「アカネ」は本柘の廉価品として主にタイ、ラオス、ミャンマーなどから輸入された木材です。
ツゲに似て硬度が高く、印鑑の素材としても利用されますが、ツゲほど繊維の密度は高くありません。

ネットショップがアカネの印鑑を「激安印鑑」として販売することがよくあります。
安価なため、役所や企業などで使用する印鑑として大量発注されます。

お手軽価格の実印の特徴

お手軽価格の実印の説明
印鑑の素材として親しまれている「薩摩本柘」や銘木と言われる「黒檀」の実印がこの価格帯に当てはまります。

「薩摩本柘」と「黒檀」は日常的にも親しまれており、丈夫で印鑑に適した素材です。
しっかりとした材質と求めやすい値段で人気があります。
初めて印鑑を買う方や質とコストパフォーマンスの両方を重視する方にぴったりの素材といえるでしょう。

標準価格の実印の特徴

標準価格の実印の説明
標準価格の実印の素材は、木材を中心に幅広い種類が充実しています。
意外なことに、高級印材として知られている「黒水牛」もこの価格帯に入ります。

美しくハッキリとした木目で人気の「彩樺」は間伐材を利用した地球に優しい素材です。
樹脂で特殊加工を施しているので歪みやひび割れもなく、実印に適した素材として利用されています。

他にも楓、智頭杉、オノオレカンバなどの木材もあり、色や木目のバリエーションも豊かです。
実印は木材で作りたい、実印は黒水牛がいいという方にはオススメの価格帯です。

高めの実印の特徴

高めの実印の説明
標準価格の素材でも実印の素材として十分な基準を満たしていますが、もっと素材にこだわりたい人向けの価格帯です。
染無しの黒水牛やオランダ水牛、白檀などの希少な素材で作られた実印です。

「オランダ水牛」「牛角」は耐久性があり、独特の美しい飴色が女性に人気の素材です。
「白檀」は高貴な香が特徴の木材です。この高貴な香から、仏像や仏具・線香の原料として利用されています。

ワンランク上の実印を作りたい、印鑑にこだわりたい人にはぴったりの素材です。

高級実印の特徴

高級実印の説明
琥珀樹脂や水晶、チタンなど美しく珍しい素材が高級実印の価格帯に入ります。

「水晶」「ローズクオーツ(紅水晶)」「黄水晶」は宝石の素材の中で比較的安価で、9,000円前後で実印を作成することができます。
美しく、パワーストーンとしても人気があるので、プレゼントとしても人気の素材です。

「チタン」は最先端の金属素材で、クールでスタイリッシュな見た目と強靭な耐久性、優れた捺印性で注目を集めています。
特に男性に人気で、ありきたりの実印はイヤだ、カッコイイ実印がほしいという人にオススメの素材です。

最高級実印の特徴

最高級実印の説明

象牙・ラピスラズリなどの高価な宝石、シルバーなどの貴金属の素材が最高級実印の価格帯になります。
最低でも15,000円からの値段で、最高級象牙、ルビー、翡翠、金などの高価な素材のものは軽く10万円を超えます。

成功の証として、実印に一切妥協したくないという人が選ぶ素材と言えるでしょう。

高め・高級ランク以上の実印を購入するときの注意

「高め」「高級」の価格帯の素材の実印を購入するときに気をつけたいのは、同じ素材でも店舗により大きく値段が異なることです。

最高級ランクの場合は、最高級品の素材を取り扱っている店舗自体が少ないので値段の差はあまり出ません。

特に「チタン」は店舗ごとの値段の差が大きく、13.5mmの大きさのチタン印鑑で、A店では3,400円、B店では13,390円と1万円近く値段に開きがあります。
なぜこんなに値段に開きがあるのか、その理由は消費者である私たちには分かりません。

同じ素材の実印でも、激安品はその店舗の努力で値段を低く抑えているのかもしれませんし、通常よりも質の低い素材を使用して値段を低く抑えているのかもしれません。

質は実際に購入してみないと分からない

特にネット通販は素材を実際に手にとって比較することができないので値段の根拠が分かりにくくなっています。

絶対に失敗したくない!というときは、試しに一番安価な10.5mmの認印を購入し、素材の質、文字のデザイン、彫刻の良し悪しを確認するのが一番確実な方法でしょう。

また、路面に店を構えているはんこ屋さんで、実際に素材を確認してから実印を購入するのも1つの手でしょう。
しかし、ネット通販店に比べて路面店は全体的に印鑑の値段が高めですので、値段は妥協する必要があります。

おすすめの印鑑通販比較ランキング

「印鑑の値段についてはわかったけど、どのお店で買えばいいのかわからない」「いい実印を安く早く買いたい」
という方に、管理人がネットショップを実際に利用して、価格やサービスを比較してみました。
どのショップも価格が安く、印鑑が早く届くのでオススメです。

ハンコヤドットコム

印鑑通販 総合評価 4.8印鑑通販 ハンコヤドットコム 総合評価 4.8

ハンコヤドットコム

  • 高品質印鑑が割引価格で買える
  • 印鑑を即日出荷!土曜も営業・出荷
  • 年間出荷件数35万件以上!安心の実績
  • シャチハタも安くて種類豊富・即日出荷
ハンコヤドットコム 総合評価グラフ

印鑑の匠ドットコム

印鑑通販 総合評価 4.2印鑑通販 印鑑の匠ドットコム 総合評価 4.8

印鑑の匠ドットコム

  • 都内なら12時までの注文で当日到着可能
  • 16時までの注文で即日出荷可能
  • 注文前に印鑑の名前がプレビュー確認できる
  • 印鑑がお買い得価格で買える
印鑑の匠ドットコム 総合評価グラフ

Inkans.com

印鑑通販 総合評価 3.9印鑑通販 Inkans.com 総合評価 4.8

Inkans.com

  • 琥珀・ラピスラズリ印鑑が最安値!
  • 他の宝石印鑑も激安で種類も多い
  • 他にはない珍しい素材の印鑑が充実
  • 宝石印鑑で開運印鑑が作成できる
Inkans.com 総合評価グラフ

-実印