Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/allinkan.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

印鑑証明の達人

元市役所職員が教える印鑑証明と印鑑のお役立ち情報サイト

印鑑登録証・印鑑登録カードを紛失したときは

2017/03/26

印鑑証明を取得するには印鑑登録証または印鑑登録カードが必要です。

印鑑登録証・印鑑登録カードがない場合、登録者本人が市役所まで出向いて登録した印鑑(実印)を持参していたとしても印鑑証明を発行することはできません。

スポンサーリンク

印鑑登録証・印鑑登録カードを紛失したとき

印鑑登録証・印鑑登録カードを紛失したり盗まれた場合、免許証のように印鑑登録証を再発行することはできません。
紛失・盗難された印鑑登録証の登録を廃止して新たに印鑑登録をする必要があります。

すぐに警察と市区町村役場に連絡を!

印鑑登録証・印鑑登録カードの紛失・盗難が分かった時点で、電話で市区町村役場に印鑑証明が発行されないように発行停止を申し出ます。

また、必要な場合は警察に盗難届を出します。
これで印鑑証明が発行されることはありません。
印鑑登録証亡失届書※印鑑登録証亡失届書サンプル 高槻市

次に正式な印鑑登録の廃止手続きが必要です。
なるべく早く「印鑑登録証亡失届書」または「印鑑登録廃止申請書」を市役所窓口に提出します。
この手続きに認印が必要な自治体もあります。

印鑑証明の発行停止期間は自治体によって1週間のところもあれば一ヶ月間のところもあり、期間に幅があります。
発行停止手続きをするときに発行停止期間を確認しましょう。
発行停止期間を過ぎると、通常通り印鑑証明を発行できるようになるので発行停止期間内に「印鑑登録証亡失届」を提出します。

もし印鑑登録証が見つかった場合は窓口で発行停止解除の手続を行います。

印鑑登録証・印鑑登録カードが汚損・破損したとき

印鑑登録証・印鑑登録カードが破れた、曲がって磁気が読み取れなくなった等で印鑑登録証が使えなくなってしまった時の手続きを紹介します。

登録番号が確認できる場合

汚損・破損した登録証と引き替えに同じ登録番号の新たな印鑑登録証を交付してもらうことができます。

印鑑登録証を窓口に持参して「印鑑登録証引替交付申請書」を提出します。
汚損・破損した登録証を新しい印鑑登録証と引き替えてもらいます。
自治体によって所定の再発行手数料がかかるときがあります。

登録番号が確認できない場合

紛失・盗難された場合と同様に、その印鑑登録証・印鑑登録カードは亡失扱いになります。
以前の登録を廃止してから新しく印鑑登録をし直す必要があります。印鑑登録証の番号は変更になります。

印鑑登録証・印鑑登録カードの再発行に必要なもの

  • 汚損・破損した印鑑登録証(カード)
  • 登録した印鑑(実印)
  • 本人確認書類
  • 代理人の場合は委任状

-印鑑登録