Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/allinkan.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

印鑑証明の達人

元市役所職員が教える印鑑証明と印鑑のお役立ち情報サイト

印鑑登録証と印鑑登録カード

2017/03/26

市区町村役場で印鑑登録が完了すると「印鑑登録証」または「印鑑登録カード」が交付されます。
この印鑑登録証は印鑑証明書を発行する際に必ず必要になる大切なものです。
たとえ実印や運転免許証などの本人確認書類があっても印鑑登録証がなければ印鑑証明書は発行できません。
保管には十分に気をつけましょう。

また、印鑑登録証には事故防止のために登録した人の氏名は記入されていません。

→ 印鑑登録証(カード)を紛失してしまったとき
→ 印鑑登録証(カード)を再発行するには

スポンサーリンク

市区町村によって印鑑登録証の形状は異なる

市区町村によって印鑑登録証の形式は様々で、手帳型のケースに入った紙状のものとカード型のものの2種類があります。

自治体の合併などにより印鑑登録証の様式が変更になり、古いものは使用できなくなることがあります。
印鑑登録をして10年以上印鑑登録証を使用していない時は自治体のウェブサイトなどで様式の変更がないか調べてみましょう。

手帳型の印鑑登録証

手帳型の印鑑登録証
手帳型の印鑑登録証は市区町村役場窓口でのみ印鑑登録証を受け取ることができます。

印鑑登録カード

印鑑登録カード
磁気が埋め込まれたタイプの印鑑登録カードは市区町村役場窓口と自動交付機で印鑑証明書を受け取ることができます。
このタイプの印鑑登録カードは印鑑登録が完了したときに暗証番号を設定する必要があります。

自動交付機とは、金融機関のATMと同じように印鑑登録カードを入れて暗証番号を入力すれば印鑑証明書を受け取ることができる機械です。
自治体によっては住民票や戸籍謄本・抄本の取得ができるものもあります。

磁気が埋め込まれていないタイプの印鑑登録カードは手帳型と同じく、市区町村役場窓口でのみ印鑑証明書を発行してもらうことができます。

印鑑登録証に代わりになるカード

自治体によって導入時期は異なりますが、平成28年頃よりマイナンバーカード(個人番号カード)または住民基本台帳カードを使用して全国のコンビニにおいて印鑑証明書が取得できるようになりました。

全国どこでも最寄りのコンビニエンスストア等店舗内に設置されているキオスク端末(マルチコピー機)より証明書が取得出来ます。

また、毎日午前6時30分から午後11時まで利用することができます。
お昼休みや市区町村窓口の閉庁後(夜間、休日)でも、いつでも必要なときに利用することができます。
※年末年始(12月29日~翌年1月3日)を除く。

マイナンバーカード

マイナンバーカード
マイナンバーカードは本人の申請により交付され、個人番号を証明する書類や本人確認の際の公的な身分証明書として利用できます。
また、様々な行政サービスを受けることができるようになるICカードです。

今後は、市区町村や国等が提供する様々なサービス毎に必要だった複数のカードをマイナンバーカードと一体化していく予定です。

住民基本台帳カード

住民基本台帳カード
住民基本台帳カードと印鑑登録証を統合し、印鑑証明書の交付を自動交付機で受けられる自治体もあります。

※平成28年1月からマイナンバーカードの交付開始に伴い、住民基本台帳カードの新規交付・更新・再発行及び証明書交付利用登録は終了しています。

現在住民基本台帳カードを持っている人は有効期間内、またはマイナンバーカードを取得するまでは利用可能です。

-印鑑登録