Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/allinkan.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

印鑑証明の達人

元市役所職員が教える印鑑証明と印鑑のお役立ち情報サイト

印鑑登録証(カード)を紛失してしまったとき

2017/03/26

印鑑登録証(カード)を紛失したり盗まれたりしたときは、悪意のある第三者に不正に印鑑登録証明書を取られてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

すぐに警察と市区町村役場に連絡を!

紛失・盗難されたことが分かった時点で、電話で市区町村役場に印鑑証明書が発行されないように発行停止を申し出ましょう。

必要な場合は警察に盗難届を出します。
これで印鑑証明書が発行されることはありません。

次に、なるべく早く「印鑑登録証亡失届出書」または「印鑑登録廃止申請書」を市区町村役場窓口に提出します。
この手続きに認印が必要な自治体もあります。

もし印鑑登録証(カード)が見つかった場合は窓口で発行停止解除の手続を行います。

印鑑登録証(カード)を紛失・盗難された場合は印鑑登録証(カード)の再発行はできません。
改めて印鑑登録をし直す必要があります。
自治体によって所定の再登録手数料がかかります。

手続きの注意点

印鑑登録証・印鑑登録カードの廃止手続きには免許証などの本人確認書類が必要になります。
本人確認書類がない場合は、即日で印鑑登録を廃止することができません。

即日で印鑑登録を廃止することができる身分証明書

  • 運転免許証
  • (日本政府発行の)パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • 身体障害者手帳
  • 運転経歴証明書(※)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

※運転経歴証明書は、交付日が平成24年4月1日以降のもの

代理人が申請するときは必ず委任状及び代理人本人の本人確認書類が必要になります。

印鑑登録証(カード)を紛失しないためには

印鑑登録証(カード)は印鑑証明書の発行以外には使用しないのでパスケースや財布に入れたまま日常的に持ち歩かないようにしましょう。

また一家族で複数の印鑑登録証(カード)を保管している場合、それぞれの印鑑登録証(カード)を判別できるように工夫をする必要があります。

貴重品の保管は貸金庫や耐火金庫がベスト

頻繁に使用するものではないので多少不便でも鍵のかかる場所に保管しておきたいものです。
銀行の貸金庫や家庭用の耐火金庫(20~30kg)に保管するのが一番よいでしょう。
小さい金庫はそのまま持ち去れますが持ち運びのできない金庫は金庫開けのプロでない限り短時間で開けるのは難しいです。

貸金庫は銀行や支店、金庫の収容量により料金は異なりますが年間使用料金は平均で20,000~30,000円ぐらいが多いようです。
家庭用の耐火金庫は27,000円のものが人気のです。

やむを得ず鍵のかからない場所に保管することになった場合、実印と印鑑登録証(カード)は一緒に保管しないようにしましょう。

-印鑑登録