Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/allinkan.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

印鑑証明の達人

元市役所職員が教える印鑑証明と印鑑のお役立ち情報サイト

印鑑登録の変更について

2017/03/27

印鑑登録証・印鑑登録カードの変更手続きには免許証などの本人確認書類が必要です。
代理人が申請するときは必ず委任状及び代理人本人の本人確認書類が必要になります。

印鑑登録の後で住所変更するとき

引っ越しで転出の届出をしたとき、その市区町村での印鑑登録は転出予定日をもって抹消されます。
印鑑登録証(カード)は処分するか返納します。
住所変更前の印鑑登録証(カード)は使えなくなるので引越し先の市区町村役場で新たに印鑑登録をする必要があります。

同じ市区町村の中で引っ越しをして住所が変わった場合には印鑑登録証(カード)はそのまま使えます。
新しい住所の印鑑登録証明書を請求できます。

登録した印鑑を紛失した・印鑑を変更したいとき

印鑑登録証を市区町村役場に返却して印鑑登録廃止申請書を提出します。
この手続きに認印が必要な自治体もあります。
一度廃止した登録は元に戻すことはできません。
改めて新しい印鑑で印鑑登録をし直す必要があります。再登録手数料がかかります。

登録した氏名が変わったとき

結婚時の印鑑登録の氏名変更
結婚等で氏名が変わると印鑑登録の再登録が必要になる場合があります。
結婚等で氏名が変わり、氏名と印鑑が一致しなくなったときは自動的に登録が抹消されます。
印鑑登録が必要になったときは改めて新しい印鑑で印鑑登録をする必要があります。

印鑑登録を廃止・抹消したいとき

印鑑登録証(カード)を市区町村役場に返納し「印鑑登録廃止届」を提出します。
廃止する印鑑が手元にある場合は持参したほうがいいでしょう。
一度廃止した登録は元に戻すことはできません。

スポンサーリンク

印鑑登録証・印鑑登録カードのトラブル

もし印鑑登録証を落としたり盗まれたりしたときは不正に印鑑登録証明書を取られてしまう可能性があります。

印鑑登録証(カード)が盗難されたとき

盗難されたことが分かった時点で、電話で市区町村役場に印鑑証明書が発行されないように発行停止を申し出ましょう。
必要な場合は警察に盗難届を出します。

これで印鑑証明書が発行されることはありませんが、なるべく早く印鑑登録の廃止申請をするようにしましょう。
もし印鑑登録証(カード)が見つかった場合は窓口で発行停止解除の手続を行ってください。

印鑑登録証(カード)が汚損・破損したとき(登録番号が確認できる場合)

印鑑登録証(カード)を窓口に持参して印鑑登録証引替交付申請書を提出します。
現在の登録証を新しい印鑑登録証(カード)と引き替えてもらえます(手数料が必要)。

-印鑑登録