Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/allinkan.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

印鑑証明の達人

元市役所職員が教える印鑑証明と印鑑のお役立ち情報サイト

就職の身元保証人と印鑑証明【これで安心!スッキリ解決】

2017/04/20

「入社予定の会社から身元保証書を提出するように言われた」
「身元保証書に身元保証人の実印を押印して印鑑証明を提出するよう言われた」
「こんなことを会社が要求するのは普通なのだろうか?」
「提出した印鑑証明が悪用されないか不安」
という方は多いのではないでしょうか?

私も昔、就職するときに身元保証書を提出するよう言われ、不安な気持ちになったことがあります。

でも安心してください!
身元保証書や身元保証人の印鑑証明の提出で、会社に雇用されるあなたや身元保証人が大変な目にあうということはまずありません!
その理由を説明していきます。

スポンサーリンク

なぜ身元保証人は必要なのか?

身元保証書
法律で義務付けられたものではありませんが、一部の会社では内定者に対し身元保証人を立てるよう求める場合があります。
金融機関や高価な商品を扱う会社では必ずと言っていいほど求められます。

初めて身元保証人を要求されると驚くかもしれませんが、決して珍しいことではありません。
むしろそのようなことを求める会社は、しっかりとした会社だと言えます。

身元保証人は親や親戚に依頼するのが一般的です。
身元保証人は、社員が会社に与えるかもしれない損害を負担することを約束し、実際に社員が会社に損害を与えた場合には、その損害を負担する責任を負います。

身元保証人は借金の連帯保証人とは全く違います!

この説明だけを見ると、身元を保証された人(=その会社で働く人)がノルマの未達成やミスなどで損失を出した場合、身元保証人がその肩代わりをする必要があるのかと身構えてしまうかもしれませんが、そうではありません。

会社のお金の持ち逃げ・横領・情報漏えいなどの悪質な犯罪行為をした場合に責任を負ってもらうかもしれないという規定です。

身元保証人は、社員による悪質な犯罪行為を防ぐための会社の自衛策であり、形式だけのものと言っても差し支えないでしょう。
あくまで予防措置であり、本当に損害の負担を目的としたものではありません。

【結論】会社に印鑑証明を提出しても大丈夫

身元保証人は契約書や身元保証書に署名・押印する必要があります。
押印する印鑑は認印でよい場合もありますが、より厳格に身元保証人の本人確認をするために実印を押印し、印鑑証明を提出するように言われることもあります。

身元保証書に実印を押印し、印鑑証明を提出するよう求めるのは、身元保証人が架空の人物ではないことを確認するだけのためです。
会社に実印を渡さない限り、会社が印鑑証明を悪用して何かをすることはまず不可能です。

身元保証人には期限があり、解除も可能

身元保証人の期限は、期間の定めがないときは3年、最長でも5年までと定められています。

また、会社は以下のことが起きて身元保証人に責任が生じる可能性があるときは身元保証人にその旨を通知しなければなりません。
・身元を保証された人(被保証人)に業務上不適任・不適切な行動があるとき
・身元を保証された人(被保証人)の勤務内容・勤務地に変更があるとき

身元保証人は、上記の通知を受け取った場合に身元保証人の解除を申し出ることもできます。

印鑑証明を提出しなかったらどうなるのか

最悪の場合、内定は取り消しになってしまいます。

過去に、内定者が身元保証書を提出しないことを理由に会社が採用を拒否したことがありました。
そのことを争った裁判で、内定者が身元保証書を提出しないことで会社に従業員の適格性に重大な疑惑を抱かせると判断し、会社の採用の拒否が有効とされた判例があります。
(シティズ事件 東京地裁判決 平成11年12月16日)

印鑑証明の提出にどうしても抵抗がある場合は、会社に印鑑証明の用途を聞いてみましょう。
よほどの事情がない限り、印鑑証明は提出したほうがよいと言えます。

印鑑証明を悪用されないための対応策

印鑑証明 使用目的書き込み
身元保証のために印鑑証明を提出しても大丈夫だと言われても、やはり不安に感じる人もいるでしょう。
そのときの対応策を紹介します。

身元保証人の本人確認以外に悪用されることがないよう、提出する印鑑証明の余白に使用目的を書き込む方法です。

必ず事前に、印鑑証明に使用目的を書き込んで良いか会社に確認してください。
理由を聞かれたら、身元保証人となる人の要望であると伝えれば角が立つことはないでしょう。

印鑑証明書交付目的
入社手続きのため(身元保証書に添付)
保証人氏名 ◯◯ ◯◯ 印
内定者氏名 ◯◯ ◯◯ 印

また、会社に提出する前に身元保証書と印鑑証明書(記載・押印済)のコピーを取って保管しておくとより安心でしょう。

-印鑑証明