Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/allinkan.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

印鑑証明の達人

元市役所職員が教える印鑑証明と印鑑のお役立ち情報サイト

失敗しない!印鑑証明書交付申請書の書き方

2017/03/24

市役所や区役所の窓口で印鑑証明を交付してもらうときは「印鑑登録証明書交付申請書」を提出します。
印鑑証明書交付申請書の書き方は難しくありません。
印鑑登録をした人の住所・氏名・性別・生年月日・印鑑登録番号・必要な印鑑証明の通数を記入するだけです。
また、印鑑登録証・印鑑登録カードも忘れずに持参しましょう。

スポンサーリンク

印鑑証明書交付申請書は市や区によって異なる

印鑑証明書交付申請書は市や区によってそれぞれ書式が異なります。
印鑑証明書交付申請書だけのもの、印鑑登録申請書と一体となったもの、住民票・戸籍謄本の申請書と一体となったものなど色々な書式があります。

どんな書式であれ、印鑑登録をした人の住所・氏名・性別・生年月日・印鑑登録番号・必要な印鑑証明の通数を記入すれば大丈夫です。

印鑑証明書交付申請書だけのタイプ

印鑑証明書 交付申請書 奈良市サンプル印鑑証明書交付申請書 奈良市サンプル
クリックすると拡大します

印鑑登録申請書と印鑑証明書交付申請書が一体になったタイプ

印鑑証明書 交付申請書 八戸市サンプル印鑑証明書交付申請書 八戸市サンプル
クリックすると拡大します

印鑑登録と印鑑証明の交付申請書が一体になったタイプの書式です。
「証明が必要な方」と「証明」の欄に必要事項を記入します。
「登録」「廃止」「保証人記入」欄には記入をしません。

住民票・戸籍謄本の申請書と一体になったタイプ

印鑑証明書 交付申請書 大阪市サンプル印鑑証明書交付申請書 大阪市サンプル
クリックすると拡大します

印鑑証明・住民票・戸籍謄本の交付申請書が一体になったタイプの印鑑登録証明書交付申請書です。
一度に複数の書類を申請することができます。
印鑑証明だけが必要な場合は、一番上の「窓口に来られた方」の欄と、「印鑑登録証明書」の欄に必要事項を記入します。

本人が申請する場合の書き方

印鑑証明書 交付申請書 本人 書き方
自分の住所・氏名・性別・生年月日と印鑑登録番号と必要通数を記入します。
「申請人」の「代理人」欄には何も記入しません。

代理人が申請する場合の書き方

印鑑証明書 交付申請書 代理人 書き方
印鑑登録をした人の住所・氏名・性別・生年月日と印鑑登録番号と必要通数を記入します。
この情報を書き間違えて窓口に提出すると印鑑証明を発行してもらえません。

印鑑登録をした人の情報を忘れてしまい、市役所の窓口に尋ねてみても個人情報なので教えてもらません。
また、間違った情報を記入しても訂正してもらうことはできません。
代理人申請をするときは注意しましょう。

「申請人」の「代理人」欄に、代理人の住所と氏名を記入します。
自治体によっては、代理人が印鑑証明書交付申請書に認印を押印しなければならないところもあります。
念のため認印を持参したほうがよいでしょう。

印鑑証明書交付申請書のダウンロード

市役所で待ちたくない!少しでも早く手続きをしたときはあらかじめ印鑑証明書交付申請書に記入をしておけば時間短縮になります。
また、自宅でゆっくり印鑑証明書交付申請書を書きたいという方もいらっしゃると思います。

一部の市役所では、窓口の混雑軽減のために、申請書のダウンロードサービスを行っているところがあります。
市役所のホームページから申請書をダウンロードし、プリンタで印刷して記入すればスムーズに手続きをすることができます。

-印鑑証明