Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/muku6bou9/allinkan.net/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

印鑑証明の達人

元市役所職員が教える印鑑証明と印鑑のお役立ち情報サイト

印鑑証明について

普段私たちがあまり利用することのない印鑑証明。
車を買うとき、家を買うとき、住宅ローンを組むときなど、重要な契約に必要になる印鑑証明にはどのような役割があるのか解説します。

スポンサーリンク

印鑑証明とは

印鑑証明サンプル
よく売買や契約で「印鑑証明を持ってきてください」と言われますが、「印鑑証明」という呼び方は通称です。
正しくは「印鑑登録証明書」といいます。

「印鑑登録証明書」を取得するためには、まず「印鑑登録」を行う必要があります。

どんなときに印鑑証明は必要なのか

印鑑証明は通常、高額の売買契約などを結ぶとき、重要な責任を負う連帯保証人になるときなど、権利や義務・責任の所在を明確にする書類として必要になります。

  • 不動産売買・贈与
  • 車の売買・譲渡など
  • ローン契約
  • 遺産相続
  • 会社設立
  • 連帯保証人になるとき
  • 公正証書の作成

なぜ印鑑証明が必要なのか

姓名を彫刻した印鑑が、持ち主の姓名を表すものであれば、他人はその印鑑を使用することはできません。
さらに、その印鑑を公的な機関である市区町村役場で登録し、その印鑑が本人のものだという証明書を発行すれば、その印鑑は社会的な信頼を得ることができます。
そのために設けられたのが印鑑登録と印鑑証明の制度です。

理由1:法令の規定で義務付けられている

不動産登記や自動車の登録手続きなどは、法令の規定で印鑑証明の提出が義務付けられています。
したがって、これらの手続きで印鑑証明を提出しなければ、正しく登記や登録手続きを完了することができません。

理由2:本人確認や意思確認として使用する

住宅ローンの契約や連帯保証人になるための連帯保証契約は、大きな金銭的負担や責任を負うものです。

契約書に実印を押印し印鑑証明を提出することで、契約を結んだ人が確かに存在し、また自分の意思で契約を結んだという強力な証拠となります。

印鑑証明の取り方

印鑑証明を取る場所

印鑑証明は、本人または代理人が直接市役所や区役所まで取りに行きます。
郵送で送付してもらうことはできません。
印鑑証明は大きく分けて3つの場所で取ることができます。

  • 市役所・区役所などの役場
  • 自動交付機 → 印鑑証明を発行する機能のついた印鑑登録カードや市民カードなどを持っている場合
  • コンビニ → マイナンバーカードまたは住基カードを持っている場合

基本的に、印鑑証明は印鑑登録を行った市区町村役場でしか発行されません。
しかし、市役所や区役所の混雑の緩和・市民サービスの向上のために自動交付機やコンビニでの印鑑証明の交付が可能になりました。

自動交付機やコンビニで印鑑証明を発行するには、対応したカードが必要です。
また、電話予約や郵便局で取れる自治体もあります。
印鑑登録を行った市区町村役場のホームページや問い合わせで条件を確認してください。

印鑑証明の取り方 意外な場所でも取れる!6つの方法

印鑑証明の取得に必要なもの

印鑑証明を取るためには「印鑑登録証」「印鑑登録カード」が必要です。
「印鑑登録証」「印鑑登録カード」は印鑑登録をすると役場で交付されます。

たとえ印鑑や免許証を持参したとしても、印鑑登録証・印鑑登録カードがなければ印鑑証明を交付してもらうことはできません。

  • 印鑑登録証・印鑑登録カード
  • 免許証・保険証などの身分証明書(必要な自治体もある)
  • 発行手数料(300円前後)

印鑑証明の取得にかかる時間

印鑑証明を取りに行く市役所や区役所の場所や時間で大きく異なります。
印鑑証明の発行だけなら、申請書を書いて提出し、発行されるまで早くても15分はかかります。
市役所が混雑していたらそれ以上の時間がかかります。
一般的に午前中の早い時間は空いているのでおすすめです。

私が一番おすすめしたいのは、コンビニ交付です。
マイナンバーカードを持っている人なら、全国どこのコンビニでも利用可能で、5分前後で印鑑証明を取ることができます。

ぜひ試してみてください!

印鑑証明をコンビニで取る方法【超簡単!】

スポンサーリンク

印鑑証明を代理人が取る方法

印鑑証明を代理人が取る場合でも印鑑登録証は必要です。

印鑑証明を代理人が取るときに委任状は必要ありません。
その理由は、代理人が印鑑登録した本人から印鑑登録証を預かっているという行為自体が印鑑証明の取得を委任されているとみなされるからです。

印鑑証明を代理人が取るときは、市役所(区役所)窓口に提出する申請書に登録者の生年月日、住所及び氏名を記入します。
登録者の情報を正確に記入できなかった場合、印鑑証明を交付してもらえないこともあるので、正確に記入するよう注意しましょう。

印鑑証明を代理人が取る方法3つ

印鑑証明に必要なカード

印鑑登録証 印鑑登録カード 市民カード印鑑証明の発行に必要なカードは、正式には「印鑑登録証」といいます。
カードタイプの印鑑登録証は「印鑑登録カード」と呼ばれることもあります。
「印鑑登録証」は印鑑登録をすると市区町村役場の窓口で交付されます。

この印鑑登録証は印鑑証明を取るときに必要になる大切なものです。
たとえ実印や運転免許証などがあっても印鑑登録証がなければ印鑑証明を取ることがきません。
保管には十分に気をつけましょう。

→ 印鑑登録証(印鑑登録カード)を紛失してしまったとき
→ 印鑑登録証(印鑑登録カード)の内容・タイプについて詳しく

印鑑証明を紛失してしまったとき

発行した印鑑証明を紛失してしまったときは、印鑑証明を再発行すれば問題ありません。
市役所(区役所)窓口や自動交付機、コンビニ交付などでもう一度印鑑証明を発行をやり直します。

通常は印鑑証明だけで契約を結んだり、不動産の登記をすることはできません。

不注意で紛失してしまったのではなく、印鑑証明を盗まれた・悪用されそうな心当たりがあるときは印鑑登録を廃止して、別の印鑑で改めて印鑑登録をし直した方がよいでしょう。

→ 印鑑登録証(印鑑登録カード)を紛失してしまったとき
→ 印鑑登録を廃止・抹消するとき
→ 印鑑証明の印鑑を紛失してしまったとき

印鑑証明の印鑑について

印鑑証明を取るために印鑑登録をするとき、必ず市役所に印鑑を持参する必要があります。
はんこ屋さんで購入した印鑑や卒業記念にもらった普通の印鑑ならほぼ印鑑登録することができます。

印鑑証明の印鑑の数

印鑑証明のための印鑑の数は1人につき1個です。
同時に複数の印鑑を登録することはできません。
また、1つの印鑑を家族などで使いまわして登録することはできません。

→ 印鑑証明の印鑑のサイズや表記・注意点・適さないものについて詳しく

印鑑証明を土日に取る方法

契約の直前になって印鑑証明を取ることをすっかり忘れていた、急に必要だと分かって焦った経験をした人は多いと思います。
平日は市役所に行けないので休日に印鑑証明を取りたい!という時におすすめの印鑑証明の取り方の方法を紹介します。

印鑑証明のコンビニ交付

印鑑登録をすでに済ませていて、マイナンバーカードか住民基本台帳カードを持っている場合は休日(土曜・日曜・祝日)でもコンビニで印鑑証明を取ることができます。
印鑑証明を交付できる時間は午前6時30分から午後11時までです。
→ 印鑑証明をコンビニで取る方法【超簡単!】

役場の特別開庁で窓口で印鑑証明を取る

都市部の市役所や区役所では、土曜日または特定の日曜日(例:毎月第2日曜日)に特別に役場を開庁しているところがあります。
これを利用すれば土曜日や日曜日に印鑑証明を取ることができます。

自動交付機で印鑑証明を取る

印鑑証明を発行できる機能のついた印鑑登録カードや市民カードなどを持っている場合は、自動交付機で印鑑証明を取得できます。
自動交付機は市役所・駅前・ショッピングモールなどに設置されていて、休日でも利用できます。

→ 印鑑証明を土日に取る別の方法も見る

スポンサーリンク

2017/04/25